歴史と文化15号  
歴史と文化15号

 栃木県歴史文化研究会編

 【研究論文】泉正人「由緒意識と地域社会―壬生氏旧臣を素材に」、大熊哲雄「長吏・かわたの河原巻物に込められた意味・主張について―東日本の弾左衛門由緒書等をめぐる穢多称の忌避・拒絶と長吏称の誇示」、大関利之「大愚狂人こと関口琢磨の考古学」などを収録。
(B5判/100頁/定価 本体2000円+税)

cartへ
 
 
 
  編者紹介 栃木県歴史文化研究会 

 郷土の歴史と文化の研究を推進する目的で1991年に発足。講演会や各分野別の講座・セミナーを開催するほか、機関紙「歴史と文化」を発行。

  目 次


巻頭言 首都圏形成史研究会に招かれて     大嶽 浩良 1

研究論文

 由緒意識と地域社会 ―壬生氏旧臣を素材に  泉  正人 3
 長吏・かわたの河原巻物に込められた意味・主張について
  ―東日本の弾左衛門由緒書等をめぐる
  穢多称の忌避・拒絶と長吏称の誇示     大熊 哲雄 13
 大愚狂人こと関口琢磨の考古学        大関 利之 29

研究ノート

 塩那地方の千本杵と餅つき唄小考
  ―熊野講を中心とした事例をもとに     中山 光一 49
 近世、寛政期における古河藩の犬飼い禁令について
    磯島  康 60
 面門微笑の大勝金剛について         瀧澤 龍雄 65

書評

 石井進監修『下野山川長林寺乃研究』     松本 一夫 73
 平野哲也著『江戸時代村社会の存立構造』   齋藤 悦正 76

歴史点描

 ストーンサークル研修旅行          吉村久仁子 79

活動記録

 栃木県歴史文化研究会活動の記録 81

各種情報欄

 文献情報(図書一覧・研究論文一覧)85
 平成十七年度栃木県内発掘調査情報 90
 栃木県内所在文化財新規指定等の状況(平成十七年度) 93