0918-6123-2.jpg
『歴史と文化 2号』

栃木県歴史文化研究会編

【論文】松本一夫「小山義政の乱に関する新資料」、荒川善夫「中世下野の多気山城に関する一考察」、江田郁夫「宇都宮『家中』の成立と展開」、赤石澤亮「長岡百穴仏の基礎的研究」、長江庸泰「佐野市における産業構造の変遷」など。
(B5判/204頁/定価 本体2000円+税)


目次



巻頭言 戦後五十年、節目の年に向けて  阿部  昭 1

研究論文
 小山義政の乱に関する新史料  松本 一夫 3
 中世下野の多気山城に関する一考察  荒川 善夫 15
 宇都宮「家中」の成立と展開 塩谷氏との関係を中心に  江田 郁夫 31
 長岡百穴仏の基礎的研究 横穴墓に造像された四七体の仏像について  赤石澤 亮 41
 栃木県佐野市における農業構造の変遷過程(下) 明治期以降について  須江 國男 55
 佐野市における産業構造の変遷 戦後からの工業化の歩み  長江 庸泰 69

資料
 高田一門の造仏活動 宇都宮で活躍した仏師パート5 資料編  北口 英雄 83

史料紹介・随想
 二通の喜連川氏文書について (鴨志田智啓) 93
 瀟湘八景図について (橋本 慎司) 95
 「中元」と「盆」 (佐藤 信明) 98
 宇都宮の街づくりを考える (卯木 伸男) 100

研究ノート
 [史料紹介]関東六県古文書採訪日記と文書目録  竹末 広美 103
 鳥嶺研究年表 栃木時代の志村寛  中山 光一 113
 艦載機の宇都宮空襲 米国戦略爆撃調査団資料より  米山 和也 133

調査報告
 [民俗セミナー]調査報告 下砥上の人生儀礼 151

活動記録
 栃木県歴史文化研究会の活動記録 163

各種情報欄
 平成四~五年度展覧会開催情報 177
 平成四年度新指定の栃木県指定文化財 179
 文献情報(図書一覧・研究論文一覧) 181
 平成四年度栃木県内発掘調査情報 189