歴史と文化 24号


   栃木県歴史文化研究会編


【本会第二四回大会関連論文】青木義朗「狂歌師大田原愛清と玄仲那言匕盛」、木村康夫「那須野が原の西行伝承─口承文芸史の視座から」【研究論文】阿部昭「桜町後期仕法と「上下安泰永久相続之道─報徳仕法成立の秋」など。

A5判/並製/99頁/定価 本体2000円+税
0918-6123
2015年8月29日 第1刷発行



cartへ

著者プロフィール  栃木県歴史文化研究会編


郷土の歴史と文化の研究を推進する目的で1991年に発足。
講演会や各分野別の講座・セミナーを開催するほか、機関紙「歴史と文化」を発行。
連絡先TEL028-634-1313(栃木県立博物館内)


 目次




〈本会第二四回大会関連論文〉

 狂歌師大田原愛清と玄仲那言匕盛 青木義朗
 那須野が原の西行伝承─口承文芸史の視座から 木村康夫

〈研究論文〉

 桜町後期仕法と「上下安泰永久相続之道」─報徳仕法成立の秋 阿部 昭

〈史料紹介〉

 宇都宮藩の「間引き防止」教諭・赤子養育支援について 中田太郎
 還源山浄光寺及び黒川神社俳額 竹末広美

〈歴史随想〉

 宇都宮大学峰が丘講堂雑感 小川英世