歴史と文化 4号
『歴史と文化 4号』

栃木県歴史文化研究会編

【論文】細矢藤策「二荒山神社の日神(太陽)信仰」、菊地卓「結集による塔碑の造立について」、鴨志田智啓「宇都宮氏出自考」、石川明範「公園・結社・社交」、佐藤壽修「西沢金山にみる日本の動き・世界の動き」など。
(B5判/176頁/定価 本体2000円+税)
cartへ


目次



巻頭言 戦後五十年と歴史認識  阿部  昭 1

研究論文(・本会第四回大会報告)
・二荒山神社の日神(太陽)信仰--その縁起物語を基点として-- 細矢 藤策 3
・結集による塔碑の造立について  菊地  卓 26
・宇都宮氏出自考  鴨志田智啓 33
・公園・結社・社交 保晃会の設立から拡大期における諸問題  石川 明範 44
 西沢金山にみる日本の動き・世界の動き  佐藤 壽修 60
 戦国期東国の土豪層と村落 小山氏家臣大橋文書の検討を中心として 市村 高男 83
 「旧記」の作成と村の由緒 「如在書」の作成を中心に  小貫 隆久 106

研究ノート
 清原成衡考究  小林健次郎 124

報告
 寺野東遺跡と保存運動  松島 隆裕 131

史料紹介・随想・会員の声
 近世の一史料から (椙山 聖子) 138
 「青いケシの国」で考えたこと (尾田 啓一) 140
 セミナー受講者のひとりごと (海賀 正枝) 141

活動記録
 栃木県歴史文化研究会活動の記録  142

趣旨
 栃木県歴史文化研究会創立の趣旨  156

話題
 本会評議員・熊田一先生「児玉賞」を受賞--地方史研究協議会第四十五回全国大会表彰--  阿部  昭 157

各種情報欄
 平成七年度展覧会開催情報 158
 平成六年度栃木県新指定文化財 161
 文献情報(図書一覧・研究論文一覧・受贈図書一覧) 162