響愁のピアノ
『響愁のピアノ』

早川茂樹

二・二六事件に関わる絆を持つ三人の経営者が戦後、ゼロからスタートして名器といわれるピアノを完成。その志の清廉なままに桜花の散るように幕を下ろしたイースタインのピアノの歴史をたどる。
(B6判/256頁/定価 本体1800円+税)
 ISBN 4-88748-004-0


目次

  プロローグ  7
   宮田倒れる

1 社長は元陸軍大佐  11
   異色の経営者たち
2 目指すは一貫生産  34
   アップライト続々誕生
3 台所は苦しくても  48
   グランド開発
4 調律師の卵たちの青春  59
   二人の吉田入社
5 大手メーカーに並んだ  76
   JISに合格
6 「日本一」の調律師、杵淵直知を迎えて  89
   250型の開発
7 会社は誰のものか  102
   労働組合結成
8 動き始めた歯車  119
   瀬島、社長に就任
9 去りゆく男たち  132
   吉田剛の孤独
10 品質よりもノルマ達成  147
   社長交代と技術者不遇の時代
11 倒  産  162
   乱脈経営の果てに
12 灯は消さない  173
   自主生産がスタート
13 技術者の良心とは  191
   イースタインファンの調律師たち
14 たまには気分転換を  206
   楽しい社員旅行
15 「ステッセルのピアノ」以前  216
   水戸市立大場小学校の名器修復
16 昭和が終わって  227
   廃業への苦悩

  エピローグ  248
   心に刻んだイースタイン

  参考文献  252
  あとがき  253
  
  
  
   保育者を育て続けて三十余年■栃木県立衛生福祉大学校のU型 30
   鹿児島に響く音色■本坊清子さんのB型 43
   迫水久常は開局の恩人■栃木放送の150型 54
   プロポーズの約束■林和子さんのU型 68
   音大合格をサポート■斎藤佳子さんのN型 82
   歌好きの子どもたちとともに■都立久我山盲学校のU型 85
   星の生まれる響き■ペンションスケッチブックの150型 98
   いつもそばにいる心の友達■真瀬宏子さんのU型 113
   旬の味を楽しみながら■「PANの笛」のB型 129
   ドイツへ渡ったイースタイン■ハイスラー・マリ子さんの150型 141
   松尾社長が目指したもの■松尾文夫さんに聞く 155
   鉄骨が折れた!■藍原寛治さんのB型 167
   学内最古の一台■茨城キリスト教大学のC型 170
   遊びと礼拝の傍らに■愛の光幼稚園のU型 185
   よみがえった響き■松岡淳さんの350型 202
   音楽会の白い脇役■カフェ・カラクのB型 212
   「宇都宮のストラディバリ」■荻野久一さんのC型 224
   廃業後が運命の始まり■村松健さんに聞く 238