とちぎの民話への招待
『とちぎの民話への招待』

尾島利雄監修・上野直哲著

笠地蔵、ぶつ。山姥の話から平家落人伝説まで心温まる民話。古老たちが語り継いだ、貴重な文化遺産である民話の数々を子どもたちに読み聞かせ、語り聞かせる。
(新書判/160頁/定価 本体1000円+税)
 ISBN 4-88748-007-5
cartへ


目次


 監修者のことば  尾島利雄 3
 まえがき  4

第1章 民話への招待

 1 民話とは 10
    民話の命
    コミュニケーションの文学としての民話
    生活の古典としての民話
    文化遺産としての民話

 2 民話の種類 16
    昔話
    伝説
    世間話
    現代民話

 3 「語る」ということ 26
    語り手
    語る時、語りの場
    語り口
    人間の生の声の魅力

第2章 民話の育むもの

 1 語りの中で育まれるもの 36
    語りの形態
    語りを通して得るもの、育まれるもの
    ことばの発達と民話

 2 民話の読み聞かせ、語り聞かせ 45
    読み聞かせ
    語り聞かせ
    自分の声で語ることの大切さ





第3章 とちぎ民話ミニ紀行
    読み聞かせ・語り聞かせのために

 1 夢とロマンの昔話 56
    笠地蔵(栗山村)
    へっこき嫁(栗山村)
    鳥呑み爺(栗山村)
    オコサマ(栗山村)
    糠福紅皿(栗山村)
    ぶつ(黒磯市)
    うそぬぎ太郎(黒磯市)
    猿地蔵(栗山村)
    山伏ごんだゆう(小山市)
    ねずみのすもう(茂木町)

 2 ちょっとこわい話 98
    山姥の話(栗山村)
    食わず女房(栗山村)
    おますと大じゃ(真岡市)
    沼っ原の子守石の話(黒磯市)
    妖怪いろいろ(栗山村・鹿沼市等)
    根なし藤(大平町)
    夜泣き石(小山市)
    人柱伝説(藤岡町)

 3 歴史上の人物を追って 128
    平家落人伝説(栗山村)
    那須与一(南那須町)
    義経伝説(那須町・河内町等)
    勝道上人(日光市)
    平将門(足利市)

第4章 民話のことをもっとくわしく知りたい方へ

 1 民話採集のポイント 146
    語り手
    調査の方法
    質問あれこれ

 2 とちぎの民話ブックガイド 152

 3 民話のこころ 155

 あとがき 156
 主な参考文献 158