クライマー 『クライマー』

 高野 亮

厳冬の岩壁に夢を追う。1957年3月29日、谷川岳一ノ倉沢滝沢積雪期初登攀を果たした吉尾弘。弱冠19歳。雪と岩に限りない闘いを挑み黎明記の登攀史を飾った青春群像の記録。数々の初登攀はいかになされたか。
(四六判/264頁/定価 本体1800円+税)
 ISBN 4-88748-027-X
cartへ
電子書籍

著者紹介 高野亮

1941年生まれ。本名は輝雄。相模勤労者山岳会を経て、1993年渓谷遡行をテーマにした「さがみ山友会」創立。山岳専門誌や年報『源流遡行』に記録を発表。深田百名山・巻機山の新潟県塩澤町出身。
目次


 序 章 アイガー北壁  7

 第一章 積雪期登攀の黎明  17

  疎開と敗戦  18
  山への憧憬南アルプス  19
  毎日新聞社とマナスル  20
  墨工山岳部から朝霧へ  21
  東京朝霧山岳会  23
  三ツ峠岩場での失敗  28
  朝霧の分派山学同志会  32
  谷川岳東尾根第二登  38
  滝沢積雪期初登  45
  北岳中央稜積雪期初登  54
  第Ⅱ次RCCと奥山章  60
  リーダーに就任  67
  屏風岩中央カンテ開拓  72
  屏風岩積雪期初登競う  74
  屏風岩集中の末  80
  朝霧退会  83
  RCCⅡの涸沢講習会  88

 第二章 充実期のアッセントクラブ  91

  朝霧の新人六名  92
  吉尾弘を迎える  95
  篠原隆夫  98
  初の合宿四峰正面壁  101
  雪崩事故  109
  林与四郎入会  111
  職業と登山と  113
  厳冬の三つの壁  118
  クライマーとスキー  144



 第三章 ヨーロッパアルプス  149

  全日本合同隊  150
  ヴェッターホルン北壁  153
  林与四郎の死  158
  まれにみる悪天つづく  166
  ドリュ北壁と西壁  168
  アイガーアタック開始  171
  高田光政  176
  捜索と遺体収容  182
  日本の新聞報道  185
  吉尾隊長の総括  188

 終 章 大衆化への道  193

  JECCと恋峰クラブ  194
  長谷川恒男のこと  203
  労山との出会い  210
  ネパール・パビール峰  219
  愛しのクライマー  248

   参考文献  257
   吉尾弘略年表  258
   あとがき  261