路上に生きる命の群
『路上に生きる命の群』

宮下忠子編

今日もひとつの命が路上に消る。全国で1万5000人を超えたといわれる路上生活者は何を考え、どう生きようとしているのか。その現状を報告するとともに問題解決に向けた対策を提案。社会の病巣に鋭く迫る。
(四六判/368頁/定価 本体2500円+税)


目次


第1章 巡回相談からの報告

 私に生きる力をくれた捨て犬ハナ――路上から自立をかけて(中沢元)
 三十四年目の路上――六七歳の誕生日を迎えて(森下繁)
 いつかの日のように――心のシャッターを切る(小笠原容子)
 路上に自由を求めて――頑固じいさんのこだわり(岡本隆子)
 路上に生きる女たち――愛を求めて(宮下忠子)

第2章 大都市にみる路上生活者の実情 ―― いま何が起きているか

 大阪における高齢日雇労働者の実態と対策(海老一郎)
 横浜とホームレス問題――中福祉事務所からの視界(須藤八千代)
 東京都における路上生活者と人権――最低生活の保障はされてきたか(宮下忠子)

第3章 将来への課題 ―― あとがきにかえて

 解雇を規制し、失業者の就労を――大阪・釜ケ崎から(海老一郎)
 法内外サービスをマネージメントする横浜方式――横浜・寿から(須藤八千代)
 ホームレス問題の基本的視点(宮下忠子)