小さな町へ
『小さな町へ』

島崎明美

足尾に移り住み、足尾を愛し、足尾に夢を描く。こまやかな感性と強靱な意志を秘めた待望の第一詩集
(A5変型判/104頁/定価 本体1000円+税)


目次


 静寂のなかに   6
 この町は   8
 おしゃべりな女たち   12
 あなたの下流へ   14
 窓 辺 1   20
 窓 辺 2   22
 命 題   24
 小さく健気な町であること   26
 雨   30
 冬 おわる   32
 森の賢者に捧げる   34
 水道凍結   36
 冬のみず   40
 夢の時間   42
 私は燕   44
 五月の儚さ   48
 谷間の庭で   50





 あの人が通る   52
 あなたと山で Ⅰ   54
 あなたと山で Ⅱ   58
 喪 失   60
 風の強い日に   64
 足尾山中   66
 新しい町の異郷人   68
 この町に住むと   72
 ねこのたま   76
 平和な食卓を   80
 秋の女神   84
 畑地は荒れて   86
 足尾回帰   90
 本を読んであげたい   94
 人生の歌   96

  あとがき   101