【品切】
 本商品は現在品切れとなっております。


田中正造と足尾鉱毒事件研究12号

『田中正造と足尾鉱毒事件研究12号』


渡良瀬川研究会編

地道な史料の発掘や検証、鋭い問題提起で、つねに正造研究をリード。板橋文夫「足尾銅山鉱毒反対闘争と天皇制教育への抵抗」、布川了「田中正造の思想形成期における“尊王”」、赤上剛「田中正造昔話“家政の憲法”評価説への疑問」など7論文を収録。
(A5判/128頁/定価 本体1300円+税)


目 次

足尾銅山鉱毒反対闘争と天皇制教育への抵抗 板橋文夫  2
  ―田中正造の学校教育観と「御真影」奉還運動を中心に―
田中正造の思想形成期における「尊皇」 布川 了  23
田中正造昔話「家政の憲法」評価説への疑問 赤上 剛  43
  ―「憲法」という言葉を中心に―
田中正造と国会開設のさきがけ桜井静 塚本四郎  71
  ―田中正造と常総の人々(一)―

魚の御宿、涸れ川に水を戻そう旅日記 篠原 功  83
公害の原点・足尾鉱毒事件と田中正造に学ぶ 杉浦公昭  96
  ―現地調査学習と現場体験学習―
水俣・土呂久・豊島に田中正造を見た 牧野喜好 107

「足尾鉱毒事件・田中正造記念館」をつくりたい … 広瀬 武 113
田中正造と学ぶ会と私 … 山 堯 115
川俣事件百年祭を振り返って … 谷津正巳 119
時 空 ―100年の時間を超えるもの―… 坂原辰男 120
「沖縄キャラバン」完走す 乱鬼龍 123
北川辺町「田中正造翁」を学ぶ会 柿沼幸治 125


表紙写真 2000年2月13日、雲竜寺を出発する「押出し再現」の人々(神山勝三氏撮影)