腕章がつなぐ13人の絆-人間の尊厳を求めるレオン支部の闘い
腕章がつなぐ13人の絆-人間の尊厳を求めるレオン支部の闘い

JMIU全日本金属情報機器労働組合栃木地方本部[編]

800対13という少数労働組合が、会社の懐柔、弾圧攻撃を跳ね退けて労働者の権利と人格を守り続けている。その闘いの意味とはいったい何か。今、労働者の権利が危ない!! JMIU全日本金属情報機器労働組合栃木地方本部・レオン自動機支部1996-2000年の闘いを紹介
(A5判/120頁/定価 本体1000円+税)


目次


第1章 労働者と「人間の尊厳」

主任弁護士 一木  明 3


第2章 私たちの腕章闘争 ─ 組合員の声

 腕章は労働者の魂 佐藤 智宏 34
 赤い腕章は組合員同士の絆 加藤 道夫 38
 抗議の意味での腕章 菊地 昭夫 41
 私はなぜ腕章をつけ続けたのか 柳田 安男 43
 私が腕章を着用する理由 伊沢 和一 46
 腕章着用は私の意地とプライド 林  雄二 48
 自分自身に負けないように 根本 雄二 50
 腕章は無言の励ましのメッセージ 原田 久雄 52
 “偏見と差別”をなくす腕章闘争 星野 秀和 53
 差別の現状に対する怒りの表れ 阿波 由人 55
 会社のいじめに負けない意志表示 古澤 行雄 56
 腕章は勝ち取ってきた権利 上原 謙二 58
 腕章は全社員の期待と家族の思い 枝  文男 59

第3章 レオン自動機不当労働行為(減給処分)事件意見書

立命館大学教授 大久保史郎 63

あとがき JMIU 全日本金属情報機器労働組合
栃木地方本部 執行委員長 堀江 靖久 116