4-88748-075-X.jpg
『坂元おけさ』

茂木 真弘

宮城県山元町に、越後の「おけさ節」が伝承されている。伝えたのは明治以降、毎年行商に来る越後の毒消し売りだといわれる。平成13年栃木県芸術祭創作部門準文芸賞を受賞した「毒消オバの唄」、「坂元おけさ」の二編を収録。
(四六判/64頁/定価 本体600円+税)


著者紹介 

昭和27年、栃木県佐野市に生まれる。
足利工業大学卒業。
民謡を中心に郷土芸能の歴史を調査研究。

著書『どじょうすくいと金山踊り』(随想舎)
  『しもつけ盆踊り考』(随想舎)
  『カッタカタの唄』(随想舎)
  『石投げ踊り』(随想舎)



  目 次


1、坂元おけさ 3

2、毒消オバの唄 22