田中正造と足尾鉱毒事件研究13号
田中正造と足尾鉱毒事件研究13号

 渡良瀬川研究会編

「渡良瀬川鉱害シンポジウム30年の歩み」特集号。宇井純「足尾鉱毒事件と日本の公害の歴史」(講演録)のほか、小松裕「田中正造研究の新しい方向性」、布川了「正造直訴後の二つの勝利」など、5論文を収録。
(A5判/168頁/定価 本体1500円+税)


著者紹介 渡良瀬川研究会 わたらせがわけんきゅうかい

田中正造および現代に続く足尾鉱毒事件の研究を深め、その思想と運動を継承し、その普及をめざすことを目的に、1973年に結成。毎夏、渡良瀬川鉱害シンポジウムを開催するほか、渡良瀬川流域のフィールドワークを実施するなどの活動を続けている。

目次

足尾鉱毒事件と日本の公害の歴史 ………………………… 宇井 純 2
田中正造研究の新しい方向性 ……………………………… 小松 裕 11
   ―「公共協力相愛の生活」の可能性―
田中正造における青少年期教育 …………………………… 板橋文夫  28
   ―『田中正造昔話』を中心に―
正造直訴後の二つの勝利―もっとも輝いてみられた時期― … 布川 了 47
田中正造と江刺県〈遠野・花輪〉 …………………………… 赤上 剛 61
みちのくの巡り逢い―田中正造ゆかりの人物・早川信齋―… 堀合光男 83
資 料 伊能嘉矩「侠血児の隠れたる一面目」 ……………………………… 88

●特集 渡良瀬川鉱害シンポジウム30年の歩み
  1 座談会――地域を守る、地域を掘り起こす ………………… 91
    出席者=板橋明治・田村秀明・針谷不二男・広瀬 武  司会=布川 了
  2 鉱害シンポジウム30年を歩んで …………………… 布川 了 104
    シンポジウムの歩み・フィールドワークの歩み・既刊号総目次
  3 渡良瀬川研究会に寄せる(立松和平ほか) ……………………… 120

●追悼
 東海林吉郎さん …………………………………… 菅井益郎 140
 高山  堯さん …………………………………… 鮎沢正幸 144
………………………………………………………………………………………………
正造の「毒殺セシ加害ヲ糺ス」戦いが「水俣」にあった … 牧野喜好 148
足尾鉱毒・渡良瀬川沿岸事情 ……………………………… 坂原辰男 155

 表紙写真 2003年8月24日、370人を集めて第31回渡良瀬川鉱害シンポジウムが開かれた。