尊徳
尊徳 栃木・茨城・神奈川・静岡・福島の仕法

 大木 茂

 栃木・茨城・神奈川・静岡・福島各県での仕法をはじめ、二宮尊徳の歴史、家庭生活、教育観などを、三二〇〇点の写真・図版を駆使して詳細に解説した約二〇〇〇頁の大作。偉大な包容力を持つ巨人・二宮尊徳(二宮金次郎)を追い、一八年間にわたる研究の成果がいま結実!
(A5判/1936頁/定価 本体25000円+税)
 ISBN 4-88748-094-6
cartへ


著者紹介 大木 茂 おおき しげる


栃木県茂木町に生まれる
昭和44年 宇都宮大学教育学部社会科専修卒業。県立高校教諭として奉職
昭和53年 宇都宮大学教育学部史学研究室に内地留学
昭和60年 栃木県立博物館学芸部人文課主任研究員(近世・近代担当)として赴任
平成5年 教科(高校日本史)用検定調査審議会調査員任命される
平成12年 栃木県教育委員会より永年勤続30年の表彰受ける
平成13年 退職(32年間教職にあった)
上巻 目次

 「尊徳―栃木・茨城・神奈川・静岡・福島の仕法」の出版によせて 1
    栃木県知事     福田昭夫 氏

一、金次郎の風貌(姿・顔)、スタイルとは 15
 1 岡本秋暉筆先生五十六歳の画像   16
 2 荒川泰輔刻先生壮年時代の木像   17
 3 春木南溟筆先生六十七歳の画像   18
 4 齋藤芳也刻先生櫻町時代の木像   18
 5 先生少年時代の像   20

二、金次郎像の変遷 25
     コラム〈逸話〉1 “金次郎ブーム”寸劇   62

三、苦難と克服 65
 1 大地主二宮家   65
 2 一家離散   91
 3 二宮家の再興と桜町仕法   111
     コラム〈逸話〉2 極貧金次郎の恥辱心   138

四、桜町領三か村 141
 1 桜町領三か村と宇津家   143
 2 桜町領の仕法の展開   157
     コラム〈逸話〉3 物井村甚左衛門   162

五、桜町領への赴任と第一期仕法の開始 165
 1 桜町領への赴任   165
 2 徹底した村内廻村   200
 3 信賞必罰の精神   214
 4 借財の整理   221
 5 御趣法金・米の貸付   226
 6 荒地の開発と堰・堀普請   233
 7 入百姓による横田村の再興   243
 8 農具と肥料の配布   252
 9 桜町仕法の受難と成田山参籠事件   260
 10 仕法第一期の成果   297
     コラム〈逸話〉4 文政十二年二月の金次郎   312

六、桜町仕法第一期の特色と性格 315
 1 仕法の特色   315
 2 大久保忠真公と金次郎   324
 3 桜町仕法命下る   327
 4 仕法の心得と分度の確立   340
     コラム〈逸話〉5 金次郎・忠真を諫める   362

七、桜町仕法第二期の展開と成果 365
 1 新たな貸付「報徳金」の創設   365
 2 入札と表彰   384
 3 中堅農民の育成   395
 4 道路・橋梁・用排水の整備   398
 5 荒地の開発   405
 6 天保四年の飢饉と仕法   411
 7 天保七年の大飢饉と仕法   429
 8 将軍家慶の日光社参と仕法   453
 9 日掛縄   464
 10 小児養育   466
 11 東沼村の与惣兵衛と金次郎   470
 12 仕法第二期の成果   476
     コラム〈逸話〉6 雉と鶏   518

八、東郷陣屋における仕法 521
 1 真岡東郷陣屋への移転   521
 2 試みの仕法と障害   550
 3 仕法の展開   560
 4 西沼村妙光寺除地の開発   567
 5 熊倉分の開発   570
 6 台町の道路の改修と古家修繕   575
 7 東郷陣屋付近の開発   577
 8 真岡本陣の新築   580
 9 西沼村の開発   583
 10 大島村の開発   586
 11 大前堰とその普請   586
     コラム〈逸話〉7 水のリサイクル   618

九、茂木(谷田部)藩(細川氏)領茂木の仕法 621
 1 茂木(谷田部)藩領の荒廃と衰乏   621
 2 茂木(谷田部)藩領復興への道   635
 3 藩家老中村勧農衛の活躍   710
 4 尊徳仕法についての茂木の文書紹介   717
 5 その後の茂木(谷田部)藩と金次郎   737
 6 まとめとして   738
     コラム〈逸話〉8 ある水戸藩士の悔恨   774

十、芳賀の門弟と報徳社 777
 1 金次郎にかかわった人々   777
 2 西沼村の丈八   780
 3 吉良八郎   782
 4 物井村の岸右衛門と不二孝の人々   787
     コラム〈逸話〉9 海外の金次郎像   792

十一、烏山藩の仕法 795
     コラム〈逸話〉10 『桜町拾実』(菅谷八郎左衛門)   876

十二、石那田・徳次郎(栃木県宇都宮市)の仕法と下石橋(栃木県石橋町下石橋)の仕法 879
     コラム〈逸話〉11 ゴミ問題を考える   910

十三、日光御神領の仕法 913
     コラム〈逸話〉12 芋文化の系譜   1028


下巻 目次

十四、うけつがれる金次郎の精神 1043
     コラム〈逸話〉13 「きょうは二十八日」   1186

十五、栃木県外の仕法 1189
 1 福島県相馬藩の仕法   1189
 2 茨城県の仕法   1295
 3 神奈川県・静岡県の仕法   1402
 4 北海道の仕法   1450
 5金次郎ゆかりの地と人物   1460
     コラム〈逸話〉14 灰塚村の円次の話   1526

十六、金次郎の家庭生活・教育観と修身 1529
 1 金次郎の家庭生活と教育観   1529
 2 「報徳社」の起源   1555
 3 二宮尊徳(金次郎)「翁の家憲」   1567
     コラム〈逸話〉15 天皇ご訪米と尊徳の天皇像   1580
     修 身 1 学問【Gakumon】………「言い訳人生」を送らない   1582
     修 身 2 孝行【Koukou】…………いまこそ問いたい「親」という存在   1584

十七、先人の著作にみる金次郎の事跡と報徳精神の継承 1587

十八、栃木県の金次郎少年像 1809

  栃木県知事対談    1843
  二宮金次郎(尊徳)記念館、資料館    1848
  二宮金次郎(尊徳)略年表    1855
  二宮金次郎(尊徳)関係主要文献一覧    1897
  あとがき