北関東会津戊辰戦争
北関東会津戊辰戦争

 島遼伍

 戊辰戦争最大の戦闘である北関東から会津籠城戦にいたる過程を、伝習大隊を主力とした旧幕軍を率いる大鳥圭介・土方歳三らを中心に追跡。写真・地図を多数掲載し、茨城・栃木・群馬・福島各県における戊辰の戦乱を解説。
(A5判/248頁/定価 本体1800円+税)


著者紹介 島 遼伍 しま りょうご


1957年、栃木県宇都宮市に生まれる。
栃木県立氏家高等学校卒業後、大正大学英文科に入学。
著書「下野軍記」「下野風雲録」「戦国関東名将列伝」「下野寺社歴訪記」(随想舎)、「改易の城」(下野新聞社)など多数。

目次

  はじめに――崩壊の序曲   8

第一章 野州路まで
大鳥圭介  法治主義を貫いた旧幕軍屈指の野戦指揮官   13
伝習大隊  幕末最強のエリート洋式部隊   18
市川大林寺  知性派紳士と冷血剣客の邂逅   23
土方歳三  幕末の生んだ戦いの申し子   28
東山道総督府  勇将、名将が名を連ねた近代陸軍の揺籃   35
威嚇進軍  常総内陸諸藩の憂鬱   40
梁田の戦い  信州鎮撫総督古屋佐久左衛門   45
武井の遭遇戦  伝習本隊野州路での初完勝   50

第二章 水府錯乱
水戸斉昭  日本の運命を変えた狂漢   57
密勅と大獄  水戸藩を中心に動きだした政局   62
桜田門外の変  血で血を洗う藩内主導権争い   66
天狗党  悪名だけを残した水戸藩の仇花   71
追討軍  幕軍介入! 内戦勃発   76
大発勢潰滅  真価を問われたまま消滅した水戸鎮撫軍   81
流 浪  攘夷を貫いた志士たちの死出の旅路   86
水戸藩の晩鐘  維新の序曲を飾った水戸藩の終焉   92

第三章 上州動乱
小栗上野介  近代日本の布石を敷いたマルチ官僚   101
小栗処刑  冤罪に散った四十二年の生涯   106
上州諸藩  徳川家門、譜代大名たちの運命のサバイバル   111
戸倉、三国峠の戦い  静かなる西部戦線   118

第四章 血染めの野州路
小山撃滅戦  伝習隊、理想の包囲戦   125
風雲宇都宮城  猛将土方四士を斬って士気を鼓舞す   131
烈火落城  東山道総督府、北関東本営失陥   136
壬生城侵攻  安塚複郭陣地、黎明の死闘   143
六道反攻  壮烈宇都宮城攻防戦   149
日光山  伝習隊の分裂と再建   155
今市方面の死闘  再編伝習隊捨身の反撃   160
大田原城の奇跡  再編第一大隊、奥州路逆襲   167
山峡の遅滞戦  伝習隊終幕の光芒   173

第五章 会津焦土戦
不落白河城  列藩同盟の鬼門となった名城   181
諸藩降伏  南奥州同盟軍の崩壊   186
母成峠  会津戦序幕の天王山   192
十六橋突破  白虎二番士中隊飯盛山に散る   197
城下の大激戦  会津藩の一番長かった日   203
城下の大激戦  会津藩の一番長かった日   208
あの高地を奪れ  会津城生命線をめぐる死闘   213
包囲網  兵站路をめぐる西部戦線の死闘   219
総攻撃  会津士道への栄光の戦い   225
消滅点  会津戊辰戦争終結す   231

  おわりに――始まりの終わり   238

幕末動乱期の職制一覧   241
幕府および北関東・武州・岩代各藩諸隊一覧   242
参考資料   244
     あとがき   245