随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

怒りの苦さまた青さ

詩・論「反戦詩」とその世界

黒川 純

 賢治、光晴、隆明へ思いを馳せ、「千三忌」の里からイラク派兵を凝視する。全共闘世代が世に問う反戦詩・論集。著者は朝日新聞記者。

新書判/144頁/定価 本体1000円+税
ISBN 4-88748-107-1

cartへ
電子書籍

著者プロフィール

黒川 純  くろかわじゅん

1950年、群馬県生まれ。
本名富岡洋一郎。
業界紙・地方紙(栃木新聞)を経て、現在朝日新聞記者。
詩誌「ベン・ベ・ロコ」「新・現代詩」会員。

目 次

詩 対 談
  戦争と家族 なべくらますみ×黒川 純
   「君死にたもうことなかれ」と全共闘
   寅次郎と賢治の「永訣の朝」
   「すべてを失ったもの」と茨木のり子
   金子光晴と「絶望の精神史」

詩 その1
  怒りの苦さまた青さ
  音楽の時間
  私たちの心を敗北させるな
  私たちの意志は届いたか
  リレー詩・川
   天の川 黒川 純/地の川 斎藤彰吾
  生き延びる日課
  天気予報はもういらない
  それも暴力だ
  遺伝子のカナリアへ
  月の砂漠へ
  毘沙門天

詩 その2
  独りの会議
  銀ヤンマ

千 三 忌
  千三忌
  「千三忌」の背景について
  58年目の夏――意志継ぎ「千三忌」営む

詩  論
  詩人の力
  「春と修羅」の心情
  詩人の条件
  詩集評
   御庄博実・石川逸子詩集「ぼくは小さな灰になって……」
  誰かのではない反戦詩へ

  哀しみを抱き未来までへ
       ――黒川純の詩について 斎藤彰吾