子どもは一筋縄ではいかない
子どもは一筋縄ではいかない

 子どもたちと たぬき先生の ふれあい日記 下

 坂主洋

 教育に対するたぬき先生の熱い思いとは! 試行錯誤の毎日、常に励ましてくれた先輩や同僚の先生たち、そして保護者との心温まる交流を描く。学校教育のあり方を今一度、考えたくなる一冊。
(A5判/272頁/定価 本体953円+税)


著者紹介 坂主洋 さかぬし ひろし


 1943年(昭和18)、栃木県矢板市に生まれる。宇都宮大学学芸学部卒業、1966年(昭和41)より教職に就き、30年間にわたり小学校で教鞭をとる。その後、病気療養のため3年間の休職を経て、1999年(平成11)に退職。

 この本の出版にあたり、下記の方々にご協力いただきました。ありがとうございました。

※アドバイスをしてくれた人
 鈴木暉夫 手塚義男 手塚寿彦 手塚 昭 冨川秀雄
※構成に関わってくれた人
 黒川保二 広田雅之 広田尚子 稲本八朗(故人)
※文章の校正に関わってくれた人
 村上留美子 塚田暁巳 手塚孝一 栗原 巌 黒川保二
 小野洋子  長島伸幸
※カバーの絵を描いてくれた人
 鈴木美智子(上) 内田有紀(下)
※挿し絵を描いてくれた人
 鈴木美智子 池田文枝 小野洋子 薄井弘子 内田有紀
 土屋 圭 倉島 望

目次


駆けだしたたぬき先生   7
溺れた高校生   14
真夜中のキャンプ場   24
消えた通信簿   37
バス酔いよりバイク通勤   44
湯煙に馴染むたぬき先生   52
素晴らしい先輩との出会い   65
カツ丼を噛み噛み   70
クマンバチの知恵   76
お前らは「ばつ」だ   84
サンショウウオを飲んじゃった   93
野球やソフトボールは朝飯前に   104
二時間の居眠り   111
弥次喜多誕生   120



スキーは楽しく   126
教師の喜び   133
好記録が出たぞ   151
子どもは一筋縄ではいかない   158
走れ、たぬき先生   163
同じことは繰り返される   172
建て前と本音   181
徹夜で迎えたソフトボール大会   188
ゴールを目指せ   196
もういいですか   210
道徳の時間に賛成はなじまない   221
それは教頭の仕事です   228
七転び八起きのたぬき先生   235
花壇の草はすぐ伸びる   257
たぬきになったたぬき先生   264

 あとがきにかえて   268