有機の国から-2005.vol3
有機の国から-2005.vol3

 生産者の顔が見えるおいしいオーガニックマガジン


 随想舎

 協力:株式会社ベジタ


 今回の特集は「麦」。パン工房ポランの森の取り組みや「パンの街つくばプロジェクト」の全貌に迫る。さらに土壌づくりに欠かせない麦の効用を取材したほか、国産小麦を用いた製粉、製麺会社をルポ。第二特集として里山の持つ重要性を紹介。
(A4判/56頁/定価 本体286円+税)


目次


特集 麦の恵み

●巻頭インタビュー【麦の研究者に聞く】
 地場産小麦で焼き上げた、
 香り高い手づくりパンを夢見て
  農学博士・田谷省三
  [独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 作物研究所 麦類研究部長]

●Part;1 【生産者編】
 「金色の野に広がる夢。農業に潤いを与える麦づくり」
 ~土壌づくりに欠かせない麦は、まるごと自然からの恵み~

●Part;2 【加工業者編】
 「風味豊かな国産小麦。その味わいを多くの人に」
 ~“国産”にこだわる各地の製造工場を訪ねて~

●里山と農業
 「貴重な里山を守り続ける、有機農家の冬の山仕事」
 ~森を育み、森が森が育む土づくり。里山と農業の密接な関係~

●有機でつくる食と農
 「心を耕す、ものづくりと人づくり」
 ~安心・安全な“食”を追求する人たち~


 有機を育む人々の思い、そしてメッセージ
 「もう一つの生き方、仕事そして農業」

 ベジタ会員の声
 「安心・安全な日々の食卓。有機で育む家族の健康」

 こんなに簡単! 「(株)ベジタの宅配システム」

 注文方法&入会のご案内

「有機の国から2005」スタッフ



 ●編集・取材スタッフ

  卯木伸男 鈴木正則 野口佳津江(写真)

 ●デザイン

  有限会社ブランシャ

 ●協 力

  株式会社 ベジタ


「編集を終えて」より

 関東地方に梅雨明けが発表されました。いよいよ夏本番です。暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年もようやく『有機の国から2005』が出来上がりました。本誌も号を重ね、3年目。ポラン広場の宅配「ベジタ」の会員の皆様をはじめ、たくさんの方々から頂いたご意見、ご要望を参考に編集しましたが、出来映えはいかがでしょうか。
 今回の特集は「麦」。全世界で生産され、毎日の食卓に欠かせないパンや麺類の原料となる麦にスポットを当てました。取材を通して麦が畑の土壌をより豊かにすることや、小麦の種類、製粉の仕方によって加工した際、その味覚や風味が大きく変わることを教えていただき、麦の持つ奥深さをよりリアルに実感したしだいです。遠く盛岡まで取材に行った甲斐がありました。また、北海道から出張の合間をぬって、お話を聞かせていただきありがとうございました。国産小麦にこだわる「ポランの森パン工房」のパンの美味しさの秘密がわかったような気がします。
 また、今回もたくさんの生産者の方にお会いすることができました。興味深いお話は、時間を忘れてしまいそうな実り多いものばかり。それぞれの方が持つ有機にこだわる真摯な思い、情熱にふれるたびに日本も、まだまだ捨てたものじゃないと心強く思ったものです。座談会では、有機へのこだわりや流通のあり方などが熱く語られました。皆さんからのメッセージは、どれも胸にしみるものばかりです。本誌をご覧になる読者の皆さんに、生産者の方々のマインドが伝わることを願って止みません。忙しい時間を割いて取材に応じて頂き本当にありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 ポラン広場の宅配「ベジタ」の会員の皆さま、電話で大変失礼をいたしました。お忙しい時間帯にもかかわらず有機の魅力をお話いただき感謝申し上げます。
『有機の国から』は、これからも安全、安心、美味しい有機の素晴らしさをこれからも追い求めて行きたいと思います。誌面を作るのはあなたです。誌面に対するご意見、ご希望をお寄せください。心よりお待ちしております。(U)