ふるさとの詩
ふるさとの詩

 暮らしの中から生まれたはなし四十八話

 坂主 洋

 故郷を忘れていませんか。民話は心の故郷です。年中行事や言い伝え、そして、日々の暮らしをモチーフに生まれた創作民話集。人の優しさと、温もりに満ちあふれた一冊です。

(B5判/上製/256頁/定価 本体1428円+税)
 
 

編者紹介 坂主 洋 さしぬし ひろし

 1943年、栃木県矢板市に生まれる。1966年、教員となり、1999年に教員を辞める。2004年に『子どもたちとたぬき先生とのふれあい日記』上・下巻を、2006年に『ふるさとの詩』を発行。

 
目 次


1 ふだんの暮らしの中から生まれた話

  全部とるな    15
  今年も来てくれたか    20
  夕べの寒さは一尺五寸    23
  桜の花に隠れた白い花    29
  子馬が跳ねる    33
  庭虫と赤い虫    38
  まあがり目物語    42
  まなちゃんと毛虫のおじちゃん    46
  あぜ道の天使    50


2 植物や動物、自然との営みなどとの関わりから生まれた話

  北風の中の春    55
  馬洗い淵の春    59
  鶴の来た池    63
  白鳥の親子    68
  サギ草の秘密    73
  たぬきの宮参り    77
  社の狐    81
  除夜の鐘を鳴らしたたぬき    85


3 地域に残る行事や地名、言い伝えなどから生まれた話

  藁の中に住む神様    93
  年神様の宿    97
  風神様と雷神様    101
  花かきじいさん    105
  どんど焼きの夜    110
  年越しの鬼    115
  権現水は今も輝く    120
  河童の魚取り    125
  十五夜の子どもたちは神様    129
  豊年とやの秋祭    134
  河童の餅拾い    139





4 おそれや不可思議な事柄から生まれた話

  雪に消えた足跡    145
  角かくしのとれた女房    151
  うぐいすのおくりもの    160
  河童の爪跡    165
  岩山の道    170
  峠路に咲く桔梗    175
  琵琶が池の主    181
  動いた狛犬さん    186
  火の玉が飛ぶ    191
  かがり火の道    195
  おいはぎ坂の鬼    200


5 思いや願いなどから生まれた話

  夜泣き地蔵    207
  首かけ地蔵    211
  嫁とり地蔵    215
  お助け地蔵    218
  地蔵と烏    221
  薬師地蔵と清水    225
  おしゃべり地蔵    229
  観音様を抱いたケヤキ    234
  ゆめを運んだ観音様    238


 物語に出てくる方言や言葉の意味    243

 「ふるさとの詩」を読んで
           鈴木暉夫    249