救現 2号
『救現 2号』

田中正造大学出版部篇

県道拡幅工事計画により、正造生家は一部削減の危機に直面している。開発か、保存か。今、市民は生家完全保存に立ち上がった。栃木県の文化行政の貧困を鋭く突く待望の一冊。
(A5判/128頁/定価 本体1000円+税)


目次


【NO.2 1989】

[講演録]布川了「谷中亡村80年を問う」
菅井益郎「足尾銅山鉱業停止運動の歴史的意義」
神山英昭「足尾からの報告」
猪瀬健造「足尾からアジアへ、アジアから足尾へ」
[特集・正造生家をめぐって]田中正造大学事務局「田中正造生家の完全保存をめざして」
益子昇「田中正造生家の保存について」
資料・田中正造生家保存整備調査研究委員会「中間答申書」「最終答申書」
資料・「田中正造生家の保存の在り方についての意見書」
[地域に生きる-2]丸木美術館栃木館友の会
[報告・他]「丸木位里・俊 足尾鉱毒の図」
「甦れ、谷中村 谷中村復活祭」
「第2回谷中村会議」
「映画『明治の義人 田中正造』は何処に」