時うねる銅の里
『時うねる銅の里』

文 鶴見智穂子/切絵 青木照徳

足尾銅山閉山後20年。大きな歴史のうねりの中で、銅山の町として繁栄と衰退を繰り返してきた足尾。時代を懸命に生きぬいた人々の足跡が、ここにはしっかりと残されている。その歴史を切絵と文でわかりやすく紹介。
(B5横判/80頁/定価 本体1500円+税)