ひとり旅の記憶
『ひとり旅の記憶』

海老沢澄夫

オホーツクの海を眺めるハマナスの花、熱い夜に咲く郡上八幡の踊りの大輪、那智ノ滝にかかる七色の虹__。北海道から九州まで、全国各地の風土と旅情を愛す旅の随筆集。日本の四季を豊かな感性で綴る18編。
(B6判/296頁/定価 本体1800円+税)