渡良瀬川の水運
『渡良瀬川の水運』

広瀬武

「足尾に緑を、渡良瀬に清流を」__渡良瀬川畔に育った著者が、「利根川の東遷」「河岸の盛衰」など、水運の歴史を辿る中から、「田中正造と足尾鉱毒事件」を契機に、清流への想いを馳せる。
(新書判/136頁/定価 本体1000円+税)


目次


1 水運の始まり  7
   都への物資輸送
   関東の丸木舟
   万葉時代の渡良瀬川(太日河)
   利根と渡良瀬を結ぶ合ノ川
   中世(鎌倉・室町時代)の舟運
   戦国武将の軍用船

2 水運の発展  20
   全国的な水運の発展
   陸運に対する水運の有利性
   水運の短所
   渡良瀬川の支流化
   利根川東遷
   利根川水運の発展
   渡良瀬川の水路整備と河岸の開設
   廻米津出河岸
   江戸への船路

3 河岸の分布・規模・河岸問題  44
   河岸の分布
   河岸の規模
   新河岸の出現と河岸間の対立
   河原改め

4 船頭・川船・荷物  57
   船頭は河岸場の顔役
   船んちの話
   渡良瀬川水運の船持船頭
   川船(高瀬船)
   船大工
   下り荷と上り荷
   下野石灰と田中正造
   田山花袋の川下り
   蒸気船の就航

5 足尾鉱毒事件と渡良瀬川の水運  82
   早川田河岸は交通の要所
   キカイセン
   回漕問屋のオイチ
   雲龍寺と早川田河岸
   足尾鉱毒事件と通運丸

6 水運の消滅  97
   鉄道の開通とその影響
   河川改修と水運の消滅
   田中正造の治水論
   田中正造のノートから

7 関東平野舟の旅「川下り」  106
   郷土の歴史を学ぶ公民館活動
   実行委員会の周到な準備
   昔の川と今の川

8 足尾に緑を、渡良瀬に清流を  122
   恵みの渡良瀬川
   河川浄化の市民運動
   「サケを放す会」の発足
   サケが戻ってきた

あとがき  132