古代日光紀行
古代日光紀行

  二荒山碑の謎を追う

 下山 衣文

 男体山を開山した勝道上人の記録、僧空海の筆になる「二荒山碑」の謎に迫る!! 勝道の行動の軌跡を追う旅は、やがて日本人のルーツを探し求めていた。男体山頂遺跡の謎解きは、いつしか古代日本の闇に分けいっていた。

 四六判/並製/160頁/定価 本体1400円+税
 ISBN 978-4-88748-159-6
電子書籍
 
 

著者プロフィール 

下山 衣文(しもやま えもん)

1950年、栃木県宇都宮市に生まれる。
吟遊詩人を夢見ながら、山々を独行し、思索を重ねる。
現在は山スキーに没頭する。

栃木県宇都宮市在住


 
目 次

第一章 修験の道を行く

    一、かすかな謎
    二、謎解きに惹かれるロマンチシズム
    三、古峰ヶ原
    四、日光、中禅寺湖畔まで歩く


第二章 山 内

    一、日光市内
    二、山内を歩く
    三、各地のサンナイを調べる
    四、サンナイの地名由来を考える
    五、日本人のルーツ論に踏み込む1「言語数理学」
    六、日本人のルーツ論に踏み込む2「Gm型」
    七、ぼくたちの祖先を考える


第三章 国界の南

    一、山内から表日光連峰縦走へ ――勝道のメモ書き
    二、女峰山へ向かう ――勝道の生きた時代
    三、八 風 ――征夷戦争
    四、雲竜渓谷 ――戦争の裏側
    五、唐沢小屋 ――エミシ国界の外交
    六、大真名子山から小真名子山へ ――勝道の行動を探る
    七、志津小屋 ――活動する勝道を思う
    八、男体山 ――マタギと日光
    九、男体山頂 ――日光最大の謎、男体山頂遺跡

第四章 古代日光

    一、深まる謎
    二、不可解な男体山頂遺跡
    三、鉄 鐸
    四、ドウロクジン
    五、褐鉄鉱による製鉄の可能性
    六、男体山頂遺跡の意味を考える
    七、日光とアイヌ語


資料 「二荒山碑」