とちぎ農作物はじまり物語
とちぎ農作物はじまり物語

 橋本 智

 カンピョウ、アサ、イチゴなど栃木県が全国に誇る農作物はいかに導入されたのか。先人たちの歴史を掘り起こし、その功績と労苦を描いた物語。
 本書は、栃木県の農業発展に尽くした彼ら先人たちの歴史を掘り起こし、ゆかりの地や記念碑・エピソード・美術などを紹介する読み物である。これにより関係者はもとより一般の方々が、農業を切り口とした地域の歴史に関心を持ち、とちぎの農作物に対し理解を深めていただくことを期待している。〈「はじめに」より〉


 A5判/並製/168頁/定価 本体1500円+税
 ISBN 978-4-88748-185-5
cartへ
電子書籍
 
 

著者プロフィール 

橋本 智(はしもと さとし)

昭和42年(1967)、埼玉県に生まれる
平成元年(1989)、宇都宮大学農学部農業経済学科卒
         栃木県立佐野高等学校農業科教諭
平成8年(1996)、栃木県立栃木農業高等学校農業科教諭
         現在に至る

〔著書〕
『全国農業博物館・資料館ガイド』筑波書房・平成14年(2002)
文部科学省検定教科書高校農業『農業経営』(実教出版)編集協力者


 
目 次


第一章 干瓢〈カンピョウ〉

第二章 酪農

第三章 二条大麦〈ビール麦〉

第四章 煙草〈タバコ〉

第五章 〈イチゴ〉

第六章 葡萄〈ブドウ〉

第七章 〈アサ〉

第八章 韓国農業近代化の父・禹長春