レトリックのすすめ
レトリックのすすめ

 上手に書ける方程式

 山根 輝夫

 言語学者など専門家の難しい文章読本とは違い、新聞記者生活の中で疑問に感じ悩まされたことをたたき台にして、分かりやすく具体的に整理した、文章作成のテキストです。
 初歩的な文章読本ですが、一般の方が文章を書くとき、学生が論文・報告・レポートなどを書くときの「基本原則」として役立つことを第一義としたものです。
 漠然と書きつづるのではなく、分かりやすい文章作成の規則(構文技術)を紹介した入門書です。(本文より)


 四六判/並製/256頁/定価 本体952円+税
 ISBN 978-4-88748-193-0
cartへ
 
 
 
  著者プロフィール 

山根 輝夫(やまね てるお)

1952年栃木県佐野市生まれ。1979年下野新聞社入社。取材報道に携わる。
著書に「船村徹の世界-演歌に青春譜を刻んだ男」(下野新聞社刊、1997年6月初版、同7月2版)。
下野新聞は1878年の創刊。公害の原点・足尾鉱毒事件で住民のために闘い、明治天皇に直訴した田中正造も下野新聞の前身(栃木新聞)の編集人だった。出生地は下野国安蘇郡小中村(現・佐野市)で、著者と同郷。


  目 次


第1章 ぜひ知っておきたい核となる表現技術

第2章 文章の組み立て技術

第3章 パラグラフ

第4章 立案のノウハウ

第5章 意見と事実は違う!

第6章 上手に書ける方程式~構文技術~



第7章 分かり易い表現それは簡潔に

第8章 読みたくなるレイアウト

第9章 仕上げのテクニック

第10章 文章の最終チェック

第11章 区切り符号の使い方

第12章 伝達の技のパフォ-マンス