救現11号
 救現11号

 田中正造大学ブックレット

 田中正造大学出版部[編]

 特集は「正造思想の"根"を探る」で、安在邦夫「自由民権運動と田中正造」、赤上剛「日清戦争前後の田中正造の行動と思想」を収録。講演録は、日下部高明「谷中村廃村問題から見えたこと」、澤田猛「田中正造と遠州鉱害史」などを掲載。


 A5判/並製/92頁/定価 本体1000円+税
 ISBN 978-4-88748-218-0
cartへ
 

編者プロフィール 

田中正造大学出版部

 1986年、宇井純氏を招いての講座で開校。田中正造の生家を学び舎に、渡瀬川流域をキャンバスとして活動。主な活動は、定期講座の開催、情報(ニュース・機関紙『救現』)の発信、フィールドワークの案内など。連絡先TEL0283-23-2896(坂原辰男)

  目 次


 講 演 録
 ●日下部高明
 谷中村廃村問題から見えたこと
 ──吉屋信子の「暗愁」と岩崎清七の「アメリカ興農移民案」
 ●澤田 猛
 田中正造と遠州鉱害史
 
 ●神山勝次
 足尾銅山の世界遺産登録を考える
 
 ●若林治美
 田中正造と下野新聞──「田中正造物語」の連載を終えて
 
 特集 正造思想の「根」を探る
 ●安在邦夫
 自由民権運動と田中正造
 
 ●赤上 剛
 日清戦争前後の田中正造の行動と思想
 ──日清戦争支持から非戦・無戦(軍備全廃)論への軌跡
  あとがき