月江窯の炎


 月江窯の炎

  福原達朗先生のこと


  生井 慶子



四六判/上製/118頁/定価 本体1500円+税 
ISBN 978-4-88748-285-2
2013年11月16日 第1刷発行

 
 

著者プロフィール 

生井慶子   なまい けいこ



昭和9年栃木県茂木町に生まれる
昭和28年3月県立烏山女子高等学校卒業
昭和36年福原達朗氏に師事して陶芸の道に入る
昭和37年益子町塚本製陶所の研究生となる
昭和38年森大暁氏「河」同人に俳句を学ぶ
昭和47年俳句結社「風」に入会
昭和54年現住所に登窯を築き独立
平成3年第11回日本陶芸展入選
平成6年随筆集「手轆轤のうた」刊行
平成7年国展・工芸部奨励賞受賞
平成10年第2回益子陶芸展入選
平成14年「風」終刊となり「万象」同人となる
平成17年句集「叩き壺」刊行
 俳人協会会員



目 次



 Ⅰ

門を叩きて
系譜と風貌
デッサン教授と父性愛
遠隔の弟子として

 Ⅱ

月江窯誕生の背景
益子での陶芸修業
月江窯の初窯
先生の人間模様
光真寺での初個展

 Ⅲ

正浄寺の雅楽 1
正浄寺の雅楽 2
三越画廊での個展・私の句帳
佐久山や
実相院の梵鐘 1
実相院の梵鐘 2
先生と乾山
佐野乾山
私の宝物