随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

《目次》

第一部 望郷・ふる里浪江

第二部 福島と熊本・お互い様の心

第三部 追憶の人・原発への思念

ずいそうしゃブックレット20

それでも花は咲く

福島(浪江町)と熊本(合志市)をつなぐ心

安在邦夫(早稲田大学名誉教授) 編著

原発に追われたふる里を想う!

被災者・避難者は生活・生業の場を失った。

家族はバラバラに引き裂かれた。

地域のコミュニティが破壊された。伝統や歴史を失った……。

しかし、それでもなお強く生きる。

二本松市の仮設住宅に避難を余儀なくされた浪江町民の生活の記録。

A5判/並製/136頁/定価 本体1000円+税
ISBN 978-4-88748-346-0 C0036
2018年4月11日 第1刷発行

cart