自分史の創り方、書き方入門

3 年表を作る


 テーマが決まったら、自分自身の年表を作成します。履歴書と思ってもらえばいいでしょう。生まれてから現在までの歩みを書き込んでいきます。記憶が曖昧な部分は、当時を知る人に聞いてもいいでしょう。特に生まれ時のことや、幼少期のことは自分自身で覚えていることは非常に少ないと思います。また、自分の年表にあわせてその年に起こった社会の出来事や流行歌など世相も調べながら書き込んでいきましょう。ひとつの歌や出来事から忘れていた記憶がよみがえるものです。さらに、テーマを趣味や仕事に絞り込むのなら、それらに関係する事柄を付記していけば自分史を構成していく上で、有意義な資料となります。エッセイ風にと思っている人ならテーマとなるエピソードを整理していくことをお勧めします。



〈戻る〉〈next〉



自分史の書き方