自分史の創り方、書き方入門

4 資料を集める


 自分史年表の作成によって全体の章だてや目次となるテーマがまとまったと思います。ここで文章を書く上で重要なことが資料集めです。学生時代の成績を書くとしても曖昧な記憶にたよるより通知票があった方が間違いありません。日記帳、手紙、家計簿、当時の新聞(縮刷版)、写真と身の回りには当時を伝える資料がたくさんあります。インターネットの検索システムを利用するのもいいでしょう。資料となる物がもし無いとしても、当時を知る人は必ずいるはずです。友人、知人、家族、親類から話を聞くことが大切な生きた資料になります。また、テーマに登場する場所を訪ねてみてもよいでしょう。新たな発見がきっとあるはずです。資料は年代順やテーマ別に整理しておくと、文章を書くとき便利です。



〈戻る〉〈next〉



自分史の書き方