随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

田中正造の本

救現10号 田中正造大学ブックレット

田中正造大学出版部編

特集は「開校20周年をむかえて」。菅井益郎「「鉱業停止論」の現代的意義」、布川了「田中正造が現代に投げかけるもの」などを掲載。講演録は山口徹「若き日の田中正造−その人格形成過程を探る」、工藤正三「新井奥邃と田中正造」など四編を収録。

  • A5判 並製本 112頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2007/3/10
  • ISBN:978-4-88748-153-4
  • 商品コード:717

救現11号 田中正造大学ブックレット

田中正造大学出版部編

特集は「正造思想の<根>を探る」で、安在邦夫「自由民権運動と田中正造」、赤上剛「日清戦争前後の田中正造の行動と思想」を収録。講演録は、日下部高明「谷中村廃村問題から見えたこと」、澤田猛「田中正造と遠州鉱害史」などを掲載。

  • A5判 並製本 92頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2010/7/1
  • ISBN:978-4-88748-218-0
  • 商品コード:647

救現12号 田中正造大学ブックレット

田中正造大学出版部

小出裕章「正造さんと原子力」、小松裕「韓国で田中正造を考える」。花崎皋平「民衆思想家・田中正造」など五編を収録。

  • A5判 並製本 112頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2013/7/10
  • ISBN:978-4-88748-278-4
  • 商品コード:582

救現 9号 田中正造大学ブックレット

田中正造大学出版部編

特集は「足尾と渡良瀬遊水池」で、針谷不二男「渡良瀬遊水池-過去・現在・未来」、利根川治夫「足尾と渡良瀬川流域をつなぐ」などを掲載。講演録は原田正純「水俣学の模索-負の遺産を未来へ」、宇井純「糸をつないで作るネットワーク」など四編を収録。

  • A5判 並製本 92頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2005/2/10
  • ISBN:4-88748-117-9
  • 商品コード:778

増補 田中正造たたかいの臨終

布川了

「問題から言ふ時にハ此処も敵地だ…」。病床から闘いは続く。正造、いまだ瞑せず。渡良瀬川畔庭田家での病床三十四日、死を前に、正造は何を想い、何を語ったか。「今度この正造が斃れたのは、安蘇・足利の山川が滅びたからだ−日本も至るところ同様だが−。故に見舞いに来てくれる諸君が、本当に正造の病気を直したいという心があるならば、まずもってこの破れた安蘇・足利の山川を回復することに努めるがよい。そうすれば正造の病気は明日にもなおる」(本文より)

  • 新書判 並製本 160頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2011/5/25
  • ISBN:978-4-88748-240-1
  • 商品コード:625

田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.15

渡良瀬川研究会編

「田中正造と吉田東伍の交誼−利根川の南遷をめぐる」(布川 了)、「せめぎ合いの場としての谷中村」(牧原憲夫)、「『鴎村学舎』と栃木県明治期公私立中学」(板橋文夫)を収録。

  • A5判 並製本 128頁
  • 定価 本体1300円+税
  • 発行日:2009/2/17
  • ISBN:978-4-88748-188-6
  • 商品コード:680

田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.16

渡良瀬川研究会編

特集、田中正造没後100年。「足尾−福島 歴史に学ぶ意義」(菅井益郎)、「田中正造の没後100年を記念する意義」(小松 裕)、「田中正造没後100年3.11事件三年目の課題」(赤上 剛)を収録。

  • A5判 並製本 192頁
  • 定価 本体1500円+税
  • 発行日:2013/4/30
  • ISBN:978-4-88748-272-2
  • 商品コード:587

田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.17

渡良瀬川研究会編

「『谷中村の豊かさ』とは何か」(高際澄雄)、「田中正造の人権思想」(板橋文夫)、「谷中村にとっての田中正造」(赤上 剛)を収録。

  • A5判 並製本 152頁
  • 定価 本体1300円+税
  • 発行日:2017/10/17
  • ISBN:978-4-88748-347-7
  • 商品コード:499

田中正造と足尾鉱毒事件研究14号

渡良瀬川研究会編

特集は「田中正造と新井奥邃」(立松和平、小松裕、花崎皋平、工藤正三、コール・ダニエル、布川了、牧原憲夫)。布川了「田中正造の“三千余円の儲け”と“政治への発心”をめぐって」のほか、赤上剛「直訴論の再検討−“直訴=殺傷される”論批判−」、西成健「田中正造の経済思想・序説」など、5論文を収録。

  • A5判 並製本 176頁
  • 定価 本体1500円+税
  • 発行日:2006/11/10
  • ISBN:4-88748-146-2
  • 商品コード:742

[改訂]田中正造と足尾鉱毒事件を歩く

布川了[文]・堀内洋助[写真]

足尾から渡良瀬川流域、旧谷中村など田中正造と鉱毒事件に関わる七八地点を徹底ガイド。改訂を機に撮り下した写真、地図、交通など、フィールドワークに必要な情報を満載。併せて正造の日記、書簡、短歌を掲載。

  • A5判 並製本 140頁
  • 定価 本体1500円+税
  • 発行日:2009/8/20
  • ISBN:978-4-88748-195-4
  • 商品コード:670

田中正造と天皇直訴事件

布川了

天皇直訴は「義人正造」の個人プレーではない。半山・秋水・沼南・被害民の力と鉱毒世論をバックに、明治国家体制を震撼させる大事件だった。正造の戦いの生涯の中で頂点となる天皇直訴-百年後の今、その全貌を解き明かす。

  • 四六判 並製本 176頁
  • 定価 本体1500円+税
  • 発行日:2001/8/26
  • ISBN:4-88748-063-6
  • 商品コード:834

田中正造と利根・渡良瀬の流れ それぞれの東流・東遷史

布川了

従来、「治水」の観点から多く説かれてきた利根川東遷史を、「関宿・逆川」に軸足を置き、縄文海進の時代にまで遡って「利水」の視点からとらえ直した力作。田中正造の治水行脚をたどり「利根川の明日」を展望する。

  • 四六判 並製本 232頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2004/7/15
  • ISBN:4-88748-100-4
  • 商品コード:790

田中正造物語

下野新聞社編

六角家騒動、江刺殺人疑獄をはじめ、自由民権運動から国会議員へ、そして足尾鉱毒との闘いは直訴、谷中入村へ……。つねに民衆とともに闘った田中正造の生涯に、2009年12月に急逝した若林治美記者が迫る。下野新聞創刊130周年記念企画。

  • 四六判 並製本 200頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2010/8/2
  • ISBN:978-4-88748-219-7
  • 商品コード:574

伝える 正造魂 現代に甦る田中正造

読売新聞社宇都宮支局

2013年は田中正造没後100年にあたり、渡良瀬川沿岸の各地でさまざまな顕彰活動が繰り広げられた。田中正造は足尾銅山鉱毒事件の解決を求めて奔走したことで有名だが、彼の提示した問題はそのことにとどまらず、100年後を生きる私たちに訴え続けている。それは、人権・自治の思想であり、平和の思想であり、自然との共生を求める思想である。読売新聞社宇都宮支局では、没後100年の年に年間企画として「伝える 正造魂」を長期連載した。私たちはその中に、田中正造の遺した思想や、訴えたものが、脈々と受け継がれているのを知ることができるのである。

  • A5判 並製本 304頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2014/2/10
  • ISBN:978-4-88748-288-3
  • 商品コード:564

銅山の町 足尾を歩く 足尾の産業遺産を訪ねて

文=村上安正/写真=神山勝三

近代日本の発展を支えた足尾銅山。閉山から四半世紀を経た今、産業遺産を中心に足尾を徹底ガイド。

  • A5判 並製本 160頁
  • 定価 本体1500円+税
  • 発行日:2008/2/15
  • ISBN:4-88748-016-4
  • 商品コード:696

西沢金山の盛衰と足尾銅山・渡良瀬遊水地

佐藤 壽修

利根川流域における開発と土地空間の高度利用を考究する。日光に隣接する栗山村の地で、足尾銅山の隆盛に触発されて再開発され、1300名の鉱山従事者を擁した西沢金山の盛衰をたどる。足尾鉱毒問題と利根川水系の水問題の解決のためには、渡良瀬遊水地の創設が必要であった。

  • A5判 並製本 160頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2017/9/7
  • ISBN:978-4-88748-344-6
  • 商品コード:501

わたしは石のかけら もうひとつの田中正造物語

文 越川栄子 絵 やまなかももこ 解説 横松心平

 田中正造のごく少ない遺品の中で、もっとも衝撃的なのは、小石である。その小石が、田中正造という人物の生涯、精神の強さと美しさをとてもよく表しているのだ。鉱毒に苦しめられた農民漁民たちのような、虐げられた人たちは、残念なことに現代にもたくさんいる。彼らを救わなければならない。そう思うのだけれど、田中正造のようにはなかなか行動できない。それでも、田中正造は特別な人だから、とつぶやいておしまいにはしたくない。何かしなくてはならない。だから、この絵本は作られた。同じ思いを抱く、誰かに届くといいなと、切に思う。[横松心平「解説」より]

  • B5横変形判 上製本 24頁
  • 定価 本体1000円+税
  • 発行日:2018/2/1
  • ISBN:978-4-88748-353-8
  • 商品コード:493

渡良瀬一〇〇年 自然・歴史・文化を歩く

読売新聞社宇都宮支局[編]

足尾鉱毒事件により谷中村が廃村となって100年。公害、開発、自然保護、治水対策、さまざまな問題を抱えながら、きょうも広大なヨシ原を風が渡る。2年に及ぶ精力的な新聞連載で、渡良瀬遊水地の「いま」を歩く。養老孟司氏の特別寄稿を掲載。

  • A5判 並製本 192頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2008/1/31
  • ISBN:978-4-88748-168-8
  • 商品コード:700

渡良瀬の風土 谷中村と田中正造の現在

神山勝三/解説 布川了

足尾鉱毒事件は渡良瀬川を「恵みの川」から「死の川」に変えた。谷中村廃村から80余年を経たいま、辛酸の民と田中正造の闘いの「現在」をレンズは追う。「1970年代以降、今日に至る定点観測の集成だ」。

  • A4変型判 並製本 152頁
  • 定価 本体3495円+税
  • 発行日:1996/3/1
  • ISBN:4-938640-78-3
  • 商品コード:925

表示数 : 19

品切品 非表示