随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。


【品切】
 本商品は現在品切れとなっております。


下野国黒羽藩主大関氏と史料保存

「大関家文書」の世界を覗く

新井 敦史

 大名家文書として特筆される黒羽藩「大関家文書」と、代々城主によるその保存の背景を考察した史料保管史。「戦国期大関氏の動向と権力構造」など全五章。第4回随想舎歴文研出版奨励賞。

四六判/並製/248頁/定価 本体2800円+税
ISBN 978-4-88748-161-9

cartへ
電子書籍

著者プロフィール

新井 敦史  (あらい あつし)

1967年3月 群馬県富岡市に生まれる
1990年3月 筑波大学第一学群人文学類卒業
1995年3月 筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学
1995年4月 黒羽町教育委員会の学芸員となり、黒羽町芭蕉の館(現大田原市黒羽芭蕉の館)に勤務、現在に至る

〈主要著書〉
『喜連川町史第二巻資料編2 古代・中世』(共著、喜連川町、2001年)
『鹿沼市史通史編 原始・古代・中世』(共著、鹿沼市、2004年)
『栃木県の歴史散歩』(共著、山川出版社、2007年)

〈主要論文〉
「中世後期の日光山坊舎」(「史境」29号、1994年)
「室町期日光山の組織と運営」(「古文書研究」40号、1995年)
「下野国黒羽藩主大関氏による史料保存と『大関家文書』の存在形態」(「日本史学集録」25号、2002年)
「戦国末期~豊臣期における下野黒羽大関氏の権力構造」(「歴史と文化」13号、2004年)
「もう一つの関ヶ原」(『知られざる下野の中世』随想舎、2005年)

目 次

第一章 戦国期大関氏の動向と権力構造

1 大関高増の軍事的動向と政治的地位
 大関高増と那須高資・資胤/元亀~天正期の動向/近世大名への道
2 戦国期大関氏の権力構造
 天正初年以降の大関氏権力のあり方/天正十五年以降の大関氏権力のあり方/大関氏の家臣団
3 心の安穏を求める大関高増
 伊勢神宮内宮御師佐八氏への手紙/高野山清浄心院への供養依頼/大関高増と雲巌寺・光厳寺

第二章 関ヶ原合戦期~近世前期における大関氏の動向

1 関ヶ原合戦と大関氏
 会津攻め/小山評定と大関氏/大田原城と黒羽城の防備態勢/徳川氏に対する忠誠表明/情報収集所としての黒羽城/本戦に突入する関ヶ原合戦と関山合戦/関山合戦のあと/論功行賞
2 黒羽藩体制の確立
 近世前期の大関氏と徳川氏/給人地方知行制と家中払い/検地の断行と給人地方知行制の廃止/本高の確定/黒羽藩体制確立に意を用いた藩主

第三章 「大関家文書」の世界を覗く

1 「大関家文書」の構造
 「大関家文書」の目録とその問題点/「大関家文書」の構成要素
2 「大関家文書」の紹介―大名家文書入門講座
 〈史料一〉領知朱印状/〈史料二〉領知目録/〈史料三〉江戸幕府老中奉書/〈史料四〉大関増親叙従五位下口宣案/〈史料五〉大関増親任土佐守宣旨/〈史料六〉平緒組法一式之伝総目録/〈史料七〉大関増興書状草案/〈史料八〉白隠慧鶴書状/〈史料九〉大坂在番中之定/〈史料十〉鶏足寺請書/〈史料十一〉「増備之記 二之七」/〈史料十二〉源家古法軍制伝証/〈史料十三〉黒羽前主括嚢斎書画/〈史料十四〉利恒之折紙/〈史料十五〉大関増陽直書/〈史料十六〉詠存(大田原資清)書状/〈史料十七〉大関増裕届書控/〈史料十八〉大総督有栖川宮熾仁親王感状/〈史料十九〉授爵につき宮内 伊藤博文達書/〈史料二十〉大関増勤誓書写

第四章 「大関家文書」の収納状況

1 「大関家文書」の寄贈と現在の収納状態
 「大関家文書」の寄贈受入れ/「大関家文書」の保管と調査
2 昭和四十五年(一九七〇)段階の状況―木箱の墨書等の紹介を兼ねて
 文部省史料館による調査/「大関家文書」収納箱(A箱~M箱)の検討/「大関家文書」収納箱(a箱~k箱)の検討
3 近世段階の状況
 鍵を握る史料―「御朱印箱入記」/「御朱印箱入記」の成立時期/「御朱印箱」とはどの箱か/「御朱印箱」に収納されていた史料/「御朱印箱」の史料収納状態/先代藩主の遺品を整理・保管

第五章 黒羽藩主大関家による史料保存

1 「御朱印箱」の虫干し
 「御朱印虫干」の記録/「御朱印虫干」の実施場所と実施時期/重臣の「立合」/「立合」者の役職
2 大関増備の藩政改革への意欲と史料保存措置
 黒羽藩政の危機と大関増備/増備の蔵書印/先代藩主の日記を筆写・保存
3 大関増業による藩政改革と文化財保護
 十八世紀後半の黒羽藩政/大関増業の前半生/大関増業の藩政改革と学芸活動/『創垂可継』編纂と文化財保護
4 大関増裕による藩政改革と史料保存措置
 十九世紀後半に至る黒羽藩政/大関増裕と藩政改革・幕府軍制改革/大関増裕による史料保存措置
5 増裕没後の大関家と史料保存措置
 大関増裕の死と戊辰戦争/大関増勤の東京移住と「大関家文書」の伝存/「作新館文庫(大関文庫)」の概要/幕末・維新期における黒羽藩・作新館の蔵書/明治期における作新館旧蔵書の保管/明治・大正期の家史編纂