乙女の里物語
 歴史探訪

 乙女の里物語

 知久 豊

 乙女の歴史と文化を訪ねてみよう。
 悠久たる思川の恵みは豊かな人々の暮らしを育んできた。
 多くの名所・旧跡はそれらの歴史を語ってやまない。
 あなたも、ふるさと再発見の旅に出よう。

 乙女地域には縄文時代から現在に至る長い年月の間、保存され受け継がれてきた多くの遺跡や伝統文化がある。これらを少しでも語り継ぎたいと思い、テーマ別に小文に取りまとめてみた。一人でも多くの方々に参考としていただけるなら望外の幸せである。


 四六判/上製/152頁/定価 本体1200円+税
 ISBN978-4-88748-228-9 C0021
 2010年10月28日発行
 

著者プロフィール 

知久 豊(ちく ゆたか)

1945年、小山市乙女に生まれる
栃木高校卒業
中央大学卒業
2006年、法務省定年退官
現在
保護司、民生委員
しもつけ風土記の丘資料館友の会会員

  目 次


 第一章 歴史・史跡

  一 乙女の歴史へのいざない
  二 「乙女」の由来
  三 乙女不動尊
  四 乙女不動原瓦窯跡
  五 乙女河岸
  六 「逢の榎」
  七 車屋美術館
 
 第二章 戦乱・騒擾

  一 乙女合戦
  二 乙女事件
  三 関東大震災と朝鮮人殺害事件

 



 第三章 祭 り

  一 乙女不動尊の縁日
  二 乙女のさくら祭り
  三 蛇祭り
  四 曼珠沙華祭り
  五 乙女八幡宮奉納相撲