随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

新・しもつけ風土記

-展示解説図録-

下野市立しもつけ風土記の丘資料館 編

見て学び 読んで知る 「しもつけ」と「とちぎ」のルーツ

日本初の本格的な律令「大宝律令」、「本朝三戒壇」のひとつ下野薬師寺、全国各地に建てられた下野国分寺・国分尼寺……。大陸文化と飛鳥・奈良の都からの風が届いた古代下野国の姿を訪ねる必携の1冊!

A5判/並製/96頁/オールカラー
[定価]1320円(本体1200円+税10%)
ISBN 978-4-88748-390-3 C0021
2021年3月28日 第1刷発行

cart

【目次】

 プロローグ
 常設展示図

Ⅰ.古墳時代
王権の形成と前方後円墳/下毛野の古墳/埴輪があらわすもの/甲塚古墳出土の埴輪と土器

Ⅱ.飛鳥時代
倭国から日本へ/[コラム]郡評論争/地方を整える/[コラム]天皇号と年号と那須国造碑/参議 式部卿 大将軍 正四位下下毛野朝臣古麻呂/[コラム]優秀な人材を輩出した下毛野一族/下野薬師寺の建立/[コラム]新しい都藤原京

Ⅲ.奈良時代
律令制度の成立/中央から派遣された役人/[コラム]和銅元(708)年3月13日の人事異動/戸籍の管理/下野国の行政拠点・下野国府/[コラム]字が下手、計算が苦手だと出世できない!/地方支配の拠点・郡家/[コラム]蔭位の制/駅路の整備と五畿七道/下野薬師寺の大改修と下野国分寺・国分尼寺の建立/都のくらし/[コラム]巨大都市平城京/奈良時代の食生活

 エピローグ/[コラム]国史跡指定100周年
 年表
 参考文献・図版提供・協力者一覧・交通・利用案内