随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

評論

今を読んで明日を読み解く「Hint」 13年の歴史

鷲尾賢一

約1万冊の知識が世相を読み解く。13年間にわたり発行し続けた協同組合栃木情報センターの情報紙「Hint」の中から選りすぐった論考を集大成。歴史に学び、現代に斬り込み、未来を見据える渾身の一冊。著者の約1万冊に及ぶ読書歴に裏打ちされた、世相を読み解く“ヒント”を満載する。

  • 四六判 上製本 336頁
  • 定価 本体1142円+税
  • 発行日:2010/7/31
  • ISBN:978-4-88748-220-3
  • 商品コード:645

現代の響宴 立松和平対談集

立松和平

「一瞬の出会いは真剣勝負だ」。立松和平が各界著名人と斬り結ぶ対談集。北方謙三・五木寛之・椎名誠ら作家をはじめ、長嶋茂雄・都はるみ・筑紫哲也など30人。文学を志す者、異なる世界を歩む者、共感と反発−白熱の渦。そこに響きあう「現代」が生まれる。

  • A5判 並製本 280頁
  • 定価 本体2000円+税
  • 発行日:2002/3/11
  • ISBN:4-88748-069-5
  • 商品コード:826

立松和平 疾走する文学精神

黒古一夫

拡がる異郷と歴史の闇を旅する「立松和平」の文学作品を徹底的に分析した作家論。『遠雷』など初期作品群からライフワークである「足尾」をテーマとした『恩寵の谷』『毒−風聞田中正造』までを解析する。

  • 四六判 上製本 260頁
  • 定価 本体2000円+税
  • 発行日:1997/12/10
  • ISBN:4-88748-002-4
  • 商品コード:898

振り返れば私が、そして父がいる

立松和平・横松心平

突然、逝ってしまった父に、どう、子は向き合ったのか。休む間もなく走り続けた立松和平の生涯を追う。

  • 四六判 上製本 312頁
  • 定価 本体1800円+税
  • 発行日:2016/8/20
  • ISBN:978-4-88748-327-9
  • 商品コード:520

表示数 : 4

品切品 非表示